浄水器の水は美味しくなるのか

浄水器で飲む水は、水道水より美味しくなるのかという疑問を持たれる人が多いようです。

そもそも浄水器の役割は美味しくするというよりも、有害な物質を取り除くことに主眼が置かれています。

残留塩素だったり、カビだったり、鉄分だったり、さらに発がん性の疑いが指摘されているクロロホルムなどを取り除くことこそ、浄水器の最大の役割です。

世田谷で給湯器交換に有効な情報の紹介です。

それらの有害な物質な不純物などを取り除くことによって、カルキ臭が除去されたり、鉄やカビ臭さが除去されたりして、結果的に美味しくなるというのは確かにその通りなのです。

本来は浄水器によって無味無臭の水になるのですが、今まで水道水から感じていた臭いや香りが除去されることによって、美味しいと感じるようになるといった方が正確かもしれません。

ただ、高価な浄水器になると、単に有害物質や不純物を除去するだけではなく、後からミネラル成分を加えミネラル水にしたり、電解により軟水(アルカリイオン水)に変化させたりして、美味しいと感じる水になるように工夫されています。

特に、軟水(アルカリイオン水)は、口当たりがまろやかなので美味しく感じるのかもしれません。また、胃にも優しいというのが特徴です。



水を美味しく感じるかどうかは、個人差や好みがありますから、簡単に比較することはできませんが、美味しいと感じる人は多いようです。


もちろん、日本の水道水は世界的に見ても非常に美味しい水と言うことができますが、多くの日本人が求めるのは、それを上回るさらに繊細な味ということになるのでしょう。